続きはコチラ

乾燥肌が酷くなるとアトピーになる?

アトピーというと、子供の頃に発症するイメージが強いかと思います。
しかし、二十歳を超えた大人になってから「成人アトピー」を発症する
ケースも決して珍しくありません。
アトピーと乾燥肌には密接な関係があるので注意が必要です。

 

アトピー性皮膚炎と聞くと、不治の病のようなとても重い病気のように感じるかもしれません。
子供の頃に発症すると、かゆみやボロボロになった肌を見て心を痛めるものです。しかしアトピーは子供の病気だけではなく、大人になってから成人アトピーになってしまう人もいます。

 

しかし、そもそも「アトピー」というものは、どういったものかをご存知でしょうか?

 

アトピー性皮膚炎の原因は、実は今でもハッキリと断定されておらず、原因がハッキリ断定できない皮膚の疾患のことを「アトピー性皮膚炎」と呼んでいるに過ぎません。

 

アトピー患者に共通している見逃せないポイント

アトピー患者に共通しているのが「乾燥肌」です。

 

皮脂が少なくなって肌が乾燥すると、それに伴って肌のバリア機能が低下するので、何らかの刺激に対して肌が過剰に反応することから、かゆみや湿疹という症状が出てきます。

 

その刺激の原因は、ハウスダストなどのアレルギー物質、食品、化学物質、衣服などいくつかに分類されます。

 

乾燥肌の人がかゆみを感じる仕組みと非常に似ていますよね?

 

「乾燥肌によるかゆみ」と「アトピーの乾燥によるかゆみ」との大きな違いと言えば、かゆみの原因となる刺激がアレルギー物質によるものかという点です。

 

アトピー性皮膚炎でも乾燥肌でも、重要な対処法は「かゆみを引き起こす肌の乾燥を防ぐ」ということに変わりはありません。

 

乾燥肌とアトピー。それぞれの痒みの原因の違い

 

アトピーを取り巻く誤解

病院でアトピー性皮膚炎と診断される場合、「原因がよく分からないからアトピーと診断する」というケースも多々ある、と聞いたこともあります。

 

アトピーが原因の分らない皮膚疾患であることから、こうした診断結果はあながち間違いではありません。

 

しかし、アトピーと診断されると「ステロイドを配合した薬」が処方される場合が多いという現実があります。

 

その薬を肌がストレスと感じてしまい、薬を使い始めてから余計に悪化した、というケースも多いです。

 

病院というのは基本的には西洋医学の対症療法によって疾患にアプローチします。それがアトピーなどの皮膚疾患の場合、プラスに出ないケースも多いという事は認識しておくべきです。

 

アトピーの原因は今でも解明されていませんが、発症した人の大半が
重度の乾燥肌である事実は見逃せません。
乾燥肌がアトピーの原因である、とは断定できませんが
乾燥がアトピーの引き金になる可能性はあるので注意は必要です。

 

続きはコチラ

 

← 「乾燥肌による湿疹」トップページへ戻る